遊びが組織にもたらす創造的エネルギー:連載「遊びのデザイン」第5回

遊びが組織にもたらす創造的エネルギー:連載「遊びのデザイン」第5回

安斎 勇樹

2021.04.09/ 6min read

仕事や生活に「遊び心」を取り入れることで、創造性を高める「遊びのデザイン」。これまでの連載では、ワークショップにおいて参加者の内発的動機をくすぐる仕掛けや、ゲームデザインの手法の可能性などについて考察してきました。

https://cultibase.jp/features/playful-approach/

今回の記事では、組織に「遊びのデザイン」を持ち込むことによって生み出すことができる創造的なエネルギーについて、整理していきたいと思います。


現代の組織をむしばむ3つの病い

拙著『問いのデザイン』で指摘した通り、現代の組織には、暗黙の前提が凝り固まる「認識の固定化の病い」、そしてチームメンバーがわかりあえない「関係性の固定化の病い」が蔓延し、組織学習やイノベーションの阻害要因となっています。

本記事では、これらの現代病が副次的に引き起こす、ひとりひとりの内発的動機が抑制される「衝動の枯渇の病い」も加えておきましょう。

認識の固定化:当事者に暗黙のうちに形成された認識(前提となっているものの見方・固定観念)によって、物事の深い理解や、創造的な発想が阻害されている状態
関係性の固定化:当事者同士の認識に断絶があるまま関係性が形成されてしまい、相互理解や、創造的なコミュニケーションが阻害されている状態
衝動の枯渇:当事者ひとりひとりの内面から湧き上がる「衝動」が抑圧され、ものづくりやコミュニケーションのモチベーションが失われている状態

イノベーションを生み出したい。目まぐるしい環境変化を乗り越えたい。新規事業を生み出し、チャレンジしたい。経営層がそのように考えていても、組織が上記の病いを患ってしまうと、「新しいことを始められない」「これまでのやり方を変えられない」「芽生えたアイデアを続けられない」「お互いの考えていることをわかりあえない」といった悪循環に陥り、次第に現場レベルからエネルギーを失っていくのです。

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る