ゲームデザインが解決するもの:連載「遊びのデザイン」第4回

ゲームデザインが解決するもの:連載「遊びのデザイン」第4回

安斎 勇樹

2021.01.13/ 5min read

仕事や生活に「遊び心」を取り入れることで、創造性を高める「遊びのデザイン」。これまでの連載では、人々の内発的動機をくすぐるさまざまな仕掛けを紹介してきました。遊びのデザインを駆使すれば、トップダウン型のプロジェクトにボトムアップの力を取り戻したり、バラバラのメンバーのチームビルディングを促したり、受講生が主体的に参加する研修が設計できたりなど、組織に創造性を取り戻すための処方箋になります。

遊びのデザインの方法論を探究していく上で、遊びと深く関連する「ゲーム」のデザイン手法はとても参考になります。本記事では、ゲームデザイン論を改めて読み解くことで、仕事や生活に応用可能な遊びのデザインのヒントを探っていきましょう。

目次
遊びとゲームの関係性
ゲームデザインの得意領域
ゲームデザインの不得意領域

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る