ファシリテーターが問わずとも、問いが浮かび上がる身体や組織になるために──「問わずして問う」ための技法を、塩瀬隆之と安斎勇樹が考える

ファシリテーターが問わずとも、問いが浮かび上がる身体や組織になるために──「問わずして問う」ための技法を、塩瀬隆之と安斎勇樹が考える

inquire

2020.12.22/ 11min read

問わずして問う。一見、矛盾するような表現ですが、問いのなかにも非言語なもの、人工物が誘発する問い、関係性によって生まれる問い……さまざまな問いの形式が存在します。では、「問わずして問う」とは一体どのような営為なのでしょうか?

CULTIBASEが運営する有料オンラインコミュニティCULTIBASE Labの会員の方を対象として、「書籍『問いのデザイン』に第7章を書き足す」イベントを開催しました。

https://cultibase.jp/the-design-of-questions-update/

安斎勇樹(CULTIBASE編集長)と塩瀬隆之さん(京都大学総合博物館 准教授)の共著である『問いのデザイン』は、全6章で成り立っていますが、「自分が著者だとしたら何をテーマとして書き足すか」を参加者と議論しました。

そのイベントで挙がった30程度の案のうち、「著者に聞いてみたい第7章」として選ばれたのが「問わずして問う技術」でした。今回はこの第7章を提案した鳥海裕乃さんが、問わずして問うことの意義や方法について、安斎と塩瀬さんにインタビューしました。

目次
言語/非言語の問い、その両方が存在する
問うための言葉よりも、関係性を築くことが重要
違和感を用意して待つことで、問いが湧き上がる
「問わずして問う」身体を取り戻すために

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ