創造的対話に至るまでの4フェーズ:連載「創造的対話入門」第2回

創造的対話に至るまでの4フェーズ:連載「創造的対話入門」第2回

和泉裕之

2021.07.13/ 10min read

様々な価値観を持つメンバーがお互いを深く理解し合うためのコミュニケーション手法である「対話(Dialogue)」。本連載では、こうした対話が持つ集団の創造性を引き出す力に着目し、「新たな意味やアイデアが創発する対話」である「創造的対話」を生み出すための基本的な知識について解説します。

前回の記事では、対話と創造的対話の定義を確認した上で、どのようなプロセスを経て、対話が深まり、創造的になっていくのかを簡単に紹介しました。

「対話が生み出す『創造性』の捉え方:連載『創造的対話入門』第1回」より

第2回となる今回は、それぞれの領域において行われるコミュニケーションがどのような特徴を持っているのかについて解説します。「会話」「議論」「対話」など、一見混同されてしまいがちなコミュニケーションはどう異なるのか。ファシリテーターとして実践的に使い分けていくためのポイントも交えて紹介していきます。

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る