Management Radio

  • 安斎 勇樹

  • ミナベ トモミ

  • 学習・人材育成

  • 経営・マネジメント

組織学習が注目される理由と実践のポイント|CULTIBASE Radio|Management #1

2021.03.26 / 19:38

Share

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。CULTIBASE Radio マネジメントの1回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社MIMIGURI Co-CEOのミナベトモミが、「組織学習が注目される理由と実践のポイント」についてディスカッションしました。

  • 経営学の重要な概念に「組織学習」というものがある。これは、新しい知識を獲得したりすることで、組織そのもののルーティンが変化することを指す。
  • ミミ&グリでは「組織学習」という言葉を使っているわけではないが、もともと学ぶことが好きなメンバーが多いこともあり、自ら学び、思考や行動をアップデートしていく感覚を共有している。
  • イノベーションを起こすという観点では、不要不急でも変化する、という状態が最強であるが、学習意欲や好奇心はその鍵になる。
  • 組織学習には、アンラーン(Unlearn)というキーワードがある。新しく学ぶだけでは不十分で、過去にやったことを捨てたり剥がしたりすることが大切。だからこそ、飽き性であることや、同じルーティンに留まりたくないという衝動は大切になる。
  • 組織学習が促されやすい組織と、そうでない組織の違いは、今ある文脈をどれほど大切にするかという点にある。組織学習が促されやすい組織では、今ある文脈を否定せず、その一歩先をラーン(Learn)していく態度を大切にしているのではないかと感じられる。
  • 「やってきたことを絶対に守らなければいけない!」や「全て捨てよう!」ではなく、今までやってきたことを大事にしながら問いを立て、取捨選択をしていくことが組織学習の上では大切になるのかもしれない。

Other Episodes

CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る