政策の現場に「デザイン」を取り入れる未来をつくる──私が官庁からパーソンズ美術大学に留学して得た、新しい視座:連載「世界のデザインスクール紀行」第6回

政策の現場に「デザイン」を取り入れる未来をつくる──私が官庁からパーソンズ美術大学に留学して得た、新しい視座:連載「世界のデザインスクール紀行」第6回

inquire

2021.07.27/ 19min read

いま政策の現場に「デザイン」を取り入れ、その変革を行おうとする動きが始まっています。経済官庁に勤める半谷英里子さんは、パーソンズ美術大学のTransdisciplinary Design学科に留学し、同大学院に留学した仲間とともに「STUDIO POLICY DESIGN」を設立。日本の政策の現場に「デザイン」の考え方を取り入れる実践を行なっています。同質性の高い組織への疑問から留学を決意した半谷さんが、パーソンズ美術大学で学んだ「デザインのもつ可能性と暴力性」について振り返ります。


「帰ってきたら転職するの?」

留学前、同僚や知人に挨拶まわりをしている時、たびたび言われた言葉です。

公務員がデザインを学ぶ──。そう聞いても、当時の私の同僚や知人と同じように、いまいちピンと来ない方が大半でしょう。“公務員”と“デザイン”もしくは“デザイナー”、まったく対極にあるかのようなイメージを持たれるであろうこの2つの言葉もしくは職業。しかしいま、霞ヶ関にて政策にデザインを取り入れていこうとする動きが、少しづつ拡がっています。そんな政策とデザインの関係性について、私のパーソンズ美術大学での学びを中心にご紹介したいと思います。

目次
同質性の高い組織への疑問
Transdisciplinary Designプログラムとは何か?
デザインは時として無意識に他者への暴力となりうる
現場に飛び込んで得られたもの
あらゆる未来の可能性を模索するために
パンデミック下での授業
公共組織と市民のコミュニケーションを考える

同質性の高い組織への疑問

職場で働いていたある日、1人の先輩がシカゴ・イリノイ工科大学のデザインスクール留学から帰ってきたことをたまたま耳にします。私はもともとグラフィックやプロダクトなどモノに関するデザインを見ることが好きで、大学の専攻も建築と、いわゆる“狭義”のデザインに関心があったため、“デザイン”というその言葉1点に食いつきました。

しかし当時(ほぼ現在も)は公務員の留学といえば公共政策大学院や法科大学院などが主流であり、デザインスクールに留学をした公務員はその先輩が初めてでした。公務員として海外にデザインを学びに行くとはどういうことか? “デザイン思考”という言葉が日本でも有名になってはいたものの、その時は正直まったく検討がつきませんでした。

そんな折、同期でもある橋本直樹がニューヨークのパーソンズ美術大学にデザイン留学するということもあり、彼も含めて情報を収集し始め、デザイン思考を始めとする様々なデザインアプローチによる製品やサービスの開発・改良事例などを知ります。

翻って霞ヶ関での仕事を思い出すと、1年を通じた予算要求プロセスや国会などにより、物事の動いていくスケジュールがかなり硬直化されているため、ある程度それに合わせて動いていかなければなりません。

また、官庁にはどうしても似たようなバックグランドの方が集まり、そもそも女性も少なく、同質性の高い組織となっています。当たり前かもしれませんが、人は自分とは異なるバックグラウンドや立場の人の状況や気持ちを理解することはなかなかできません。

しかし、世の中の状況が変化していく中で、多様性の少ない組織の中だけで政策を考えているだけでは対応できなくなっていくのではないか。なかなか馴染みにくいところもあるだろうが、それでもデザイン思考における「共感から始めること」や「プロトタイピング」といったアプローチを政策の現場に取り入れていくことで、新たな切り口が生まれるのではないか。そう思い、デザインを学びに行くことを決めました。

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る