急成長するスタートアップは、どのようにCIをリデザインしたのか〜ツクルバ共同創業者中村氏が語る実践知〜

急成長するスタートアップは、どのようにCIをリデザインしたのか〜ツクルバ共同創業者中村氏が語る実践知〜

inquire

2020.12.07/ 12min read

コーポレート・アイデンティティ(以下、CI)は一般的に、組織が目指していることや大切にしていることを、社員に共有するためにつくられ、ミッション、ビジョン、バリューといった言葉で構成されます。組織の求心力となるコーポレートアイデンティティの存在は、Jカーブを描くように急成長・急拡大しているスタートアップでは特に重要です。社員が増えていくプロセスに合わせた、組織デザインはどのように行われているのでしょうか。

CULTIBASE Labが主宰する「スタートアップゼミ」(2020年11月より「マネジメントゼミ」に改名)の第4回では、まさに急成長を遂げているデザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場の発明を行う不動産スタートアップ・株式会社ツクルバの代表取締役ファウンダー中村真広氏をゲストとしてお招きしました。

ツクルバの事業は、ミッションである「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」に紐付いて展開されています。働く “場” としては、コワーキングスペース「co-ba(コーバ)」を始め、スタートアップのためのオフィスサービス「HEYSYA(ヘイシャ)」や、メルカリ・日本交通といった企業のオフィスのデザインなど空間プロデュースもしています。

住む “場” としては、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業を行っています。東京に多くある中古マンションをリノベーションし、市場に再び流通させ、個人ユーザーに効率的でスムーズな購入・売却体験を提供しています。それに加え、リノベーション再販事業を行う不動産会社にも情報を提供し、マーケットデータを活用した物件プロデュースをすることで、生活者視点から都市居住の在り方を変えることを目指しています。

今回は、ツクルバが昨年(2019年)の上場を機にプロジェクトのスタートをし、2020年8月に刷新したコーポレート・アイデンティティのリデザインについて、本ゼミの主宰者であるミナベトモミ、モリジュンヤも交えて話しました。

目次
コーポレート・アイデンティティの “賞味期限” が切れていると感じたきっかけ
会社の在りたい姿へ向けてミッションを起点に言葉を紐付ける
ロゴリニューアルのプロセスにも “ツクルバらしさ” を
ツクルバがひとつの人格として手離れしていった

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る