ミナベ・安斎の効果的な読書術|CULTIBASE Radio|Management #24

ミナベ・安斎の効果的な読書術|CULTIBASE Radio|Management #24

CULTIBASE編集部

2021.02.01/ 19min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの24回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「ミナベ・安斎の効果的な読書術」をテーマにディスカッションしました。 

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの23回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「マネージャーが不安を乗り越えるコツ」をテーマにディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください …

  • 速読家・ミナベは「効率的に情報収集をする読み方」と「味わう読み方」の2つの読み方を使い分けているという。
  • いつもやっている速読の流れはこうだ。①まず、サンプルをダウンロードして目次を読む。それを元に読む順番を決める。②そして、1冊10分で速読。このとき、言葉のニュアンスや意味が「わからない」と感じるとき(=思考が発生するとき)以外は飛ばしていく。③思考が発生した単語をデジタルにメモしておき、速読したあとに思考をまとめてメモする。
  • 速読のコツは2つ。1つは、同じジャンルのものを連続してまとめて読むこと、もう1つは言語化と読むことを切り分けることだ。
  • 安斎は本を読む際、著者のバックグラウンド・知識・その影響を受けている人、をざっくりと把握することを大切にすると言う。
  • いろんな歴史がつながって今のナレッジがある。情報の流れ、脈を捉えないと、理論を理解できることがない。特にアカデミックな本の場合は、そういうつながりが見えると特におもしろい。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの23回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「マネージャーが不安を乗り越えるコツ」をテーマにディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください …

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼読書が支えるものの1つに研究と実践の往復があります。こちらの記事では、自身の探究を続けるための問いの設定の仕方について考えています。

実践と研究の往復運動をいかに実現するか?自己の探究を続けるための技法──WORKSIGHT山下正太郎さん×安斎勇樹対談

▼読書体験での重要なポイントの1つに、「違和感」や「わからない」と感じることがあります。こちらは『問いのデザイン』の著者2人が、「問わずして問う」技法としての「違和感」について考えている記事です。

ファシリテーターが問わずとも、問いが浮かび上がる身体や組織になるために──「問わずして問う」ための技法を、塩瀬隆之と安斎勇樹が考える

▼読書の良さの1つに新たな学びが生まれることがありますが、こちらの記事では、人材育成の文脈にひきつけて「わかったつもり」を脱するポイントについて解説しています。

「わかったつもり」を脱するには、問いのリフレーミングが不可欠である──法政大学教授石山恒貴さん×安斎勇樹対談

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ