ワークショップをデザインするとはどういうことか

ワークショップをデザインするとはどういうことか

安斎 勇樹

2020.10.15/ 4min read

組織開発や事業開発のプロジェクトを設計する上で、「ワークショップ」を適切なタイミングで組み込むことは有用です。筆者がイノベーションプロジェクトをファシリテートするときには、以下の記事で解説したワークショップのエッセンスをよく理解した上で、必ず複数回のワークショップを設計に組み込みます。

イノベーションになぜ「ワークショップ」が重宝されるのか:100年の歴史から紐解くエッセンス

イノベーションになぜ「ワークショップ」が重宝されるのか:100年の歴史から紐解くエッセンス | CULTIBASE | 組織イノベーションの知を耕す。

CULTIBASEでは、「イノベーション」「経営・マネジメント」「デザイン」「学習・人材育成」「ファシリテーション」を切り口として、「組織のポテンシャル」を引き出し、クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出に役立つ様々な考え方やノウハウを紹介していきます。

学会や大学の授業などにおいて”ワークショップデザイン”という領域が確立して、約10年が経ちました。改めてワークショップをデザインするとはどういうことか、整理しておきましょう。

目次
ワークショップの「企画・運営・評価」のサイクルとして捉える考え方
「経験のプロセス」を促すための学習環境のデザインとして捉える考え方
ワークショップの「活動」の基本構造


続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る