ビジネスパーソンの創造性を高める両利きの学習法

ビジネスパーソンの創造性を高める両利きの学習法

安斎 勇樹

2020.10.13/ 5min read

組織イノベーションを支えるビジネスパーソンとして、日々「学習」を積み重ねることは必要不可欠です。個人で創造的なアイデアを発想するためにも、チームの創造的なコラボレーションをファシリテートするためにも、よりよい実践をするためには、それを支える「知」を研ぎ続けなければなりません。

ビジネスパーソンにとっての学習は、社会や職場環境の変化、異動、上司からのフィードバックなど、望むと望まざるに関わらず、強制的に引き起こされるものもあります。他方で、自らの意思で、主体的に積み重ねる学習は、学習者自身の「関心」がその源泉となります。

目次
学習の源泉となる2つの関心
学習における計画性と創発性
理論と実践を結ぶ、両利きの学習法


続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る