Lab会員向けWATCH PARTY

07月28日(水)

20:00-21:30

このイベントにご参加いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

Event

2021.07.28

  • 経営・マネジメント

ウォッチパーティ『不確実性を乗り越えるチームづくりの流儀:高速な仮説検証を実現する「2つのDX」とは何か』

WATCH PARTY 配信したコンテンツを題材に、参加者同士で楽しく学ぶイベントです

  • 栄前田勝太郎

  • 脇山理子

Share

本イベントでは、7月24日開催のライブイベント『不確実性を乗り越えるチームづくりの流儀:高速な仮説検証を実現する「2つのDX」とは何か』のウォッチパーティを実施します。ウォッチパーティでは、CULTIBASE Labの会員同士が集まって、前週に配信された動画を再視聴や、関連する過去のコンテンツと紐付けた活動を行いながら、協同的に学びを深めていきます。

毎週のプログラムはコンテンツ次第で異なりますが、個々のメンバーによる学びや発展的なアイデアをもとに、新たな探究の切り口としていくような学び合いを基本としています。アウトプットの場も設けますが、耳だけの参加も大歓迎です。どうぞお好きなスタイルでご参加ください。

なお、ウォッチパーティのアーカイブ動画の配信は予定しておりません。その場限りの対話的な学びの体験をお楽しみいただけましたら幸いです。

ウォッチパーティは【7/28(水) 20時】より開催します。途中参加・退出も大歓迎ですので、ご都合よろしければお気軽にご入場ください。

▼今回ウォッチするコンテンツはこちら

■イベント概要
「DXを実現するためには組織が融合して、エマルションという乳化の状態を目指さなければいけない」

そう語るのは、『エンジニアリング組織論への招待』の著者であり日本CTO協会の理事を務める広木大地さんです。

バズワードと化し実態が見えづらくなった「DX(Digital Transformation)」。その言葉に対し、広木さんは2つのDX──Digital TransformationとDeveloper eXperience──を提唱しています。Developer eXperience(開発者体験)とは、開発者が高速で仮説検証に取り組める文化・組織・システムを整備していくことを指し、この2つを両輪でまわすことが企業のDXには欠かせないと広木さんは言います。

例えば、アマゾンでは「1時間に1000回以上」もソフトウェアが改善され、顧客に向けてリリースされているそうです。これだけデジタルテクノロジーが社会に浸透したいま、高速な仮説検証能力をもつアジャイル型のチーム・組織をつくることは、たとえ「非IT企業」でも求められるシーンが多くなっていくでしょう。

技術的な側面だけではなく、組織設計や権限委譲、心理的安全性といった組織的な改革を通じて、「高速な仮説検証能力」を持つ組織をいかにして設計するのか? ビジネスとエンジニアリングを融合した組織像とはいかなるものか? 今回のイベントでは、広木さんに存分に語っていただきます。

Share

出演者

  • 栄前田勝太郎

  • 脇山理子

カテゴリー

  • 経営・マネジメント

タグ

関連するおすすめ

気になるコンテンツからチェックしてみてください。

Article読む