Lab会員向けWATCH PARTY

06月30日(水)

20:00-21:30

このイベントにご参加いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

Event

2021.06.30

  • 経営・マネジメント

ウォッチパーティ『レジリエンスの科学:創造的に困難を乗り越える4つの戦略』

WATCH PARTY 配信したコンテンツを題材に、参加者同士で楽しく学ぶイベントです

  • 栄前田勝太郎

  • 脇山理子

Share

本イベントでは、6月19日開催のライブイベント『レジリエンスの科学:創造的に困難を乗り越える4つの戦略』のウォッチパーティを実施します。ウォッチパーティでは、CULTIBASE Labの会員同士が集まって、前週に配信された動画を再視聴しながら、オンラインホワイトボードを活用し、協同的に学びを深めていきます。

毎週のプログラムはコンテンツ次第で異なりますが、個々のメンバーによる学びや発展的なアイデアを可視化・集約し、新たな探究の切り口としていくような学び合いを基本としています。アウトプットの場も設けますが、耳だけの参加も大歓迎です。どうぞお好きなスタイルでご参加ください。

なお、ウォッチパーティのアーカイブ動画の配信は予定しておりません。その場限りの対話的な学びの体験をお楽しみいただけましたら幸いです。

ウォッチパーティは【6/30(水) 20時】より開催します。途中参加・退出も大歓迎ですので、ご都合よろしければお気軽にご入場ください。

今回ウォッチするコンテンツ

『レジリエンスの科学:創造的に困難を乗り越える4つの戦略』

■イベント概要

VUCA時代とも呼ばれる昨今、「働く」を取り巻く環境は急速に変化し、行き先を予想することも難しい状況が続いています。また、現代人は職場で大きなストレスを抱えていると言われています。

・新しく配属された部署・チームにおいて、人間関係がうまくいかない。
・新商品の開発を任されたけれど、なかなか良いアイデアが浮かばない。
・もうすぐ雇用契約が終了するけれど、良い仕事がまだみつからない。
・新型コロナウイルスの影響によって、事業の売上が急激に落ちている。

予測できない日々の仕事の中で、私たちは様々な変化や困難に遭遇しています。

人生100年時代。働く期間が長期化するなかで、「決められたゴールに向け邁進する、短距離走形の働き方」から、「変化を楽しみ、ストレスとうまく付き合いながら創造的であり続ける長距離走型の働き方」へのシフトが求められています。

様々な困難な状況を乗り越え、創造性を発揮し続けるためには、現在注目されている「レジリエンス」を獲得する必要があります。レジリエンスとは、困難な状況に直面しても、挫折から立ち直り、前進し続けることができることや、それに必要な力を意味します。本イベントでは、前半にCULTIBASE編集長の安斎勇樹から、レジリエンスの理論の全体像を概観し、4つの戦略と具体的なプロセスモデルについて提案します。後半では、職場のレジリエンスの専門家であり、CULTIBASEでもレジリエンスに関する人気連載を担当する池田めぐみ(東京大学社会科学研究所 助教)から、戦略別のレジリエンスを高めるアプローチと最新の研究知見について解説します。

日々のストレスにうまく対処したい人だけでなく、変化の波をうまく乗りこなしたい人にも、おすすめの内容です。ぜひお気軽にご参加ください。

Share

出演者

  • 栄前田勝太郎

  • 脇山理子

カテゴリー

  • 経営・マネジメント

関連するおすすめ

気になるコンテンツからチェックしてみてください。

Article読む