人の心を動かす遊びのデザイン(ゲスト・玉樹真一郎さん)

人の心を動かす遊びのデザイン(ゲスト・玉樹真一郎さん)

CULTIBASE編集部

2021.03.19/ 25min read

人の心を動かし、ついつい夢中になってしまうような「体験」は、いかにしてデザイン可能なのでしょうか。

2021年2月25日に開催された遊びのデザインゼミでは、玉樹真一郎さん(わかる事務所 代表)にゲストにお越しいただきました。全世界で9500万台を売り上げた「wii」の企画担当を務め、書籍「『ついやってしまう』体験のつくりかた――人を動かす『直感・驚き・物語』のしくみ」の著者としても知られる玉樹さん。今回のゼミでは、人が何かに夢中になる時の感情のメカニズムに着目し、「記憶」や「飽きる」などのキーワードから、紐解きました。

人の心を動かす遊びのデザイン(ゲスト・玉城真一郎さん)

Lab会員限定で月に一度開催されるCULTIBASEゼミ。今回は2021年2月25日に開催された遊びのデザインゼミから「人の心を動かす遊びのデザイン」の様子を一部公開します。今回のゲストは全世界で9500万台を売り上げた任天堂「Wii」の企画担当をされていた、わかる事務所 代表・玉城真一郎さんお越しいただきました…

 

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る