ゲームデザインからプレイフルを問い直す(ゲスト・藤本徹さん)

ゲームデザインからプレイフルを問い直す(ゲスト・藤本徹さん)

CULTIBASE編集部

2021.01.29/ 20min read

現代における「遊び」の代表格のひとつとして数えられる「ゲーム」。人々のプレイフルな気持ちを掻き立てるゲームは、どのような要素や仕組みで成り立っているのでしょうか。

2020年11月26日に開催された「遊びのデザインゼミ」では、ゲーム学習やシリアスゲーム論の専門家である藤本徹さん(東京大学大学院情報学環 講師)をゲストにお招きし、「ゲームが持つ遊びの性質」や、「ゲーマーズコミュニティに特徴的な『アフィニティスペースとは何か』」など、ゲームデザインの学術的知見をご紹介いただいたほか、ホストを務める安斎・舘野も交えた3名で、ゲームにおける「プレイフル」を構成する要素についてディスカッションを行いました。

ゲームデザインからプレイフルを問い直す

Lab会員限定で月に一度開催されるCULTIBASEゼミ。今回は2020年11月26日に開催された遊びのデザインゼミから「ゲームデザインからプレイフルを問い直す」の様子を一部公開します。ゲーム学習やシリアスゲーム論の専門家である藤本徹さん(東京大学大学院情報学環 講師)をお招きしたこの回の遊びのデザインゼ…

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る