『問いのデザイン』読者が考える、“書き足すべき”第7章とは

CULTIBASE編集部

2020.09.21/ 10min read

2020年6月に出版された、安斎勇樹・塩瀬隆之による共著『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』(学芸出版社)。企業や地域、学校など、創造的対話が必要とされるあらゆる領域で活用可能な問いをデザインする技法について解説する本書は、8月中旬時点で第3刷・累計3万部が発行されるなど、好評を博しています。

『問いのデザイン』の構成上の特徴として、状況や領域によって様々な役割を担う世のファシリテーターたちが幅広く活用できるようにと、できる限り普遍的な理論やものの見方の記述に注力している点が挙げられます。そのため、自身の職場やチームを投影させながら読み進められる余地があり、「自分だったらどんな事例やテーマで『問いのデザイン』について書くだろうか?」と発展的なアイデアを膨らませやすい一冊でもあります。

2020年秋に”CULTIBASE Lab”としてリニューアルを予定する会員制オンラインプログラム「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(通称・WDA)」では、こうした『問いのデザイン』にまつわる多様なアイデアを拾い集め、協同的にその知をアップデートしていくための取り組みとして、2020年7月8日、「著者を差し置いて『問いのデザイン』に第7章を書き足す」と題したワークショップを会員限定で開催しました。

書籍「問いのデザイン」は以下の6章で構成されています。

序論 なぜ今、問いのデザインなのか
1章 問いのデザインとは何か
2章 問題を捉え直す考え方
3章 課題を定義する手順
4章 ワークショップのデザイン
5章 ファシリテーションの技法
6章 企業、地域、学校の課題を解決する

本ワークショップのお題は、この全6章に続く「オリジナルの第7章」を考案すること。今回のレポートでは、参加者一人ひとりの独自の観点から綴られたさまざまな”第7章”をもとに、多角的に「問いのデザイン」の新たな可能性を検討した本イベントの様子をお伝えします。

目次

「問いのデザイン 第7章」ノミネート作品・受賞作品一覧
ダイアローグ:『問いのデザイン』によって世界はどう変わるのか?
おまけ:「安斎賞」と「塩瀬賞」受賞作品発表


続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ