イノベーションの二項対立を超える:連載「リサーチ・ドリブン・イノベーション」第1回

安斎 勇樹

2020.09.04/ 7min read

“リサーチ・ドリブン・イノベーション”と聞くと、「また新しいイノベーションメソッドが提唱されたのか」と、思われたかもしれません。確かに昨今、世界中で様々なイノベーションの手法論やフレームワークが提案され、書籍やセミナーなどが溢れています。こうした状況に、企業の新規事業開発担当者やマーケティング担当者の方は、やや食傷気味に感じているかもしれません。

新しいアプローチが提唱されるたびに、現場に研修を導入するも、明確な成果が現れる前に、また次のアプローチが提案される。そうしたことを繰り返しているうちに、結局のところ、ユーザーが欲しいものを作るべきなのか、自分が作りたいものを作るべきなのか。デザインを信じればよいのか、アートを信じればよいのか。現場は混乱をしたまま、「レシピ」ばかりが溜まる一方で、肝心の「自分たちの作るべき料理」に向き合う時間がなかなか取れないのが、現状ではないでしょうか。

本連載『リサーチ・ドリブン・イノベーション』は、このような状況に対して、さらに新しいイノベーションのレシピを新たにひとつ追加しようと試みるものではありません。むしろ、これまでのイノベーションの方法論の主張の本質や、指摘されてきた課題について相対化しながら、本質的に重要であると思われる「リサーチ」という考え方から、既存の方法論について問い直し、編み直すことを試みた連載です。

といっても、マーケティング・リサーチの具体論や、リサーチ&ディベロップメントの投資論について語ろうというものではありません。本連載における「リサーチ」とは、「問い」を起点に、「データ」を手がかりとしながら、企業にとって「事業の新たな可能性を探り出す」ための、汎用的な思考法を指しています。それが、なぜ今イノベーションにおいて重要なのか。なぜ既存のレシピを編み直すためのキーワードとなるのか。具体的にどのように推進すればよいのか。それらを解説することを通して、イノベーション論の本質に迫っていくことが、この連載の目的です。

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ