対話が先か、対話が後か、それが問題だ|CULTIBASE Radio|Management #32

対話が先か、対話が後か、それが問題だ|CULTIBASE Radio|Management #32

CULTIBASE編集部

2021.02.22/ 13min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの32回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「対話が先か、対話が後か、それが問題だ」をテーマにディスカッションしました。  

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの31回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「企業理念はどのような構造で表現すべきか?」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

  • 新しくプロジェクトを始めるとき、「対話を優先すべきか、それとも、とにかく走り出すことを優先すべきか」と迷ったことはないだろうか?
  • 「もしメンバーが全員やる気に満ちあふれているのであれば、対話はむしろ水を差すことになりかねないが、「なんとなく巻き込まれた」という温度感の人が1、2人いるのであれば、少しだけでも対話をした方がいいのではないか」と安斎は言う。
  • とはいえ、多様なメンバーが集まったりすると「先に走り出したい」人と「先に対話したい」人がどちらもチームにいるケースが発生するようになる。この対立を激化させないためには、どのような折り合いのつけ方があるのだろうか?
  • この問題を解決できる1つの手法が「入れ子構造にすること」だ。ワーク設計を工夫すれば、先に動き出しつつもそのプロセスで対話せざるを得ないような状況を作り出すことができる。
  • 「アクションを進める or 対話をする」という二元論ではなく、アクションの中に対話せざるを得ない状況を入れ込んでおくということ。これが、新チームの走り始めには重要である。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの31回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「企業理念はどのような構造で表現すべきか?」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼「なぜかうまくいかない」というチームの原因を5つのケースで紹介しているのがこちらの記事。走り始めだけではない、継続的な対話の重要性をケース別に解説しています。

チームの目標が実現されない5つの要因とパターン別の戦略
チームの目標が実現されない5つの要因とパターン別の戦略

▼混同されがちな“対話”と“議論”。ファシリテーションゼミ第2回では「議論は合意形成のための手段」であり「対話は自分や他者をより理解するために価値観を探究的に語り合う」ためのものとし、その違いについて探究しました。詳しくはこちらの記事から。

対話と議論の「交差点」はどこにある?関係者が納得する合意形成に至るためのプロセスを探る
対話と議論の「交差点」はどこにある?関係者が納得する合意形成に至るためのプロセスを探る

▼「違和感を『対話』を深めるきっかけにする」。多数決ならぬ「多様決」が、対話とイノベーションへの道を切り拓きます。

イノベーションプロジェクトにおける合意形成のコツ:“多数決”のリスクと対処法
イノベーションプロジェクトにおける合意形成のコツ:“多数決”のリスクと対処法

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ