企業理念はどのような構造で表現すべきか?|CULTIBASE Radio|Management #31

企業理念はどのような構造で表現すべきか?|CULTIBASE Radio|Management #31

CULTIBASE編集部

2021.02.18/ 13min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの31回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「企業理念はどのような構造で表現すべきか?」をテーマにディスカッションしました。 

※今回は、先日YouTube LIVEにて公開収録したものを、トピックごとに編集してお届けします。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの28回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「なぜか誰も教えてくれない「対話の教科書」に書くべき基本」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

  • ひと口に「企業理念」と言っても、その順番や内容、表現形式は企業によって様々。そんなこともあってか、いざ理念を作らなければいけない段階になると「そもそも、ミッション・ビジョン・バリューって何だっけ?」となる。
  • 実は、企業理念については先行研究がたくさんある。例えば、階層構造の観点では、①一層(理念一言で終わり)パターン、②二層(価値観+行動指針)、③三層(理念+社是+行動指針)などがあるとされている。
  • 一方で、「なんのために企業理念を作るのか」という点についてはバリエーションはほとんどない。対社内・対社外という2つの観点があり、各企業の状態に合わせてそれぞれの目的を設定する。
  • 企業理念づくりは、「みんながやっているからやる」というものではない。自分の組織の現状と未来を見極め、「たくさんの言語化すべきもののうち、なにをいつ言語化するか」ということこそが考えられるべきなのだ。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの28回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「なぜか誰も教えてくれない「対話の教科書」に書くべき基本」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼ラジオ中でも登場した、ツクルバのCIリニューアル。共同創業者中村さんに、社内で共有している「ミッション」「ビジョン」「クレド」の定義と、「賞味期限が切れた」という言葉の意味について、解説していただいています。

急成長するスタートアップは、どのようにCIをリデザインしたのか〜ツクルバ共同創業者中村氏が語る実践知〜
急成長するスタートアップは、どのようにCIをリデザインしたのか〜ツクルバ共同創業者中村氏が語る実践知〜

▼「企業とは人の集合体であり、そこで働く個人やチームの存在なくして、CIについて考え直すことはできません」。こちらの記事では、CIリニューアルの落とし穴について、9つのケースに分けて解説しています。

コーポレートアイデンティティのリニューアルにおいて回避するべき9つの落とし穴
コーポレートアイデンティティのリニューアルにおいて回避するべき9つの落とし穴

▼感性をシェアする「対話」をビジネスの場に持ち込むことで、企業理念の浸透を生む。こちらの記事では、アートの領域で生まれた「対話型鑑賞」という活動が、いかに理念浸透やプロダクト開発に活用可能か解説しています。

人の感性を耕す「対話型鑑賞」の可能性——事業開発や組織開発でいかに活用するか
人の感性を耕す「対話型鑑賞」の可能性——事業開発や組織開発でいかに活用するか

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ