人々はわかりあえない?対話の意義を再考する|CULTIBASE Radio|Management #29

人々はわかりあえない?対話の意義を再考する|CULTIBASE Radio|Management #29

CULTIBASE編集部

2021.02.16/ 16min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの29回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミ、株式会社ミミクリデザインの和泉裕之が「人々はわかりあえない?対話の意義を再考する」をテーマにディスカッションしました。

※今回は、先日YouTube LIVEにて公開収録したものを、トピックごとに編集してお届けします。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの27回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「出木杉くんが組織学習を阻害する?」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

  • 先日、CULTIBASE Radioにて「相手の、今は見えていない部分への関心と想像をもつこと」を対話の教科書の1ページ目に書くべき基本としたが、和泉によると「人と人はわかりあえない」という点も付け加えたいという。
  • 一緒に長い時間バスを待っている相手がいたとすると、バスが来たときにただ「来ましたね」とだけ言い、「バスが」という言葉は省略するだろう。これが私たちの日常に起きていることであり、危険性を孕んでいる。
  • 「わざわざ確認しなくてもいいか」「こういう場合はこう考えるものだろう」と思ってしまうが「我々は、ほぼ違う星からきた生物だ」という認識である方がいい。
  • そう聞くと「わかりあえないんだったら、一人でいよう」と戦意喪失してしまいそうになるが、まずは「対話はやらなければならないもの」という認識を変えてみたい。
  • 他者とは「自分の知らない世界を知っている人」だ。そもそも、なにか新しいことを知ったり、新しい世界を見たりするのが好きな人は多いだろう。例えば、旅行をしたり小説を読んだりすることにはそういう楽しみがあるが、その選択肢の1つに「対話」があると考えたい。「違う」ということは、怖くもあり楽しくもあることなのだ。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの27回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「出木杉くんが組織学習を阻害する?」をテーマにディスカッションしました。 ※今回は、先日YouTube …

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼こちらの記事ではCULTIBASE編集長の安斎が、「対話」の「お互いの理解を深めたり、新たな意味付けを作り出したりするためのコミュニケーション」という定義を確認したうえで、その重要性や背景となっている理論「社会構成主義」を解説しています。

ファシリテーターはなぜ「対話」を重視するのか:社会構成主義入門
ファシリテーターはなぜ「対話」を重視するのか:社会構成主義入門

▼チームの関係性の固着化が生む、解決困難なわかりえなさ。これを解決するためには関係性を見直し、再構築していく必要がありますが、こちらの記事では対話型組織開発の第一人者・香取さんにその方法を解説いただいています。

リーダーだけが組織を変えられるわけではない。チーム全員による対話が、創造的な組織文化を生む
リーダーだけが組織を変えられるわけではない。チーム全員による対話が、創造的な組織文化を生む

▼ラジオでも登場した「越境学習」について、法政大学大学院 教授、石山恒貴さんに解説いただいたのがこちらの記事。「わかったつもり」の危険性について、バス停の例を取り上げながらご説明します。

「わかったつもり」を脱するには、問いのリフレーミングが不可欠である──法政大学教授石山恒貴さん×安斎勇樹対談
「わかったつもり」を脱するには、問いのリフレーミングが不可欠である──法政大学教授石山恒貴さん×安斎勇樹対談

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ