“ファシリテーターは黒子”の誤解|CULTIBASE Radio|Management #26

“ファシリテーターは黒子”の誤解|CULTIBASE Radio|Management #26

CULTIBASE編集部

2021.02.04/ 16min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの26回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「“ファシリテーターは黒子”の誤解」をテーマにディスカッションしました。 

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの25回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「マネジメントは「諦め」が肝心!?」をテーマにディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください …

  • ファシリテーションが誤解されている、と感じる1例が「ファシリテーターは黒子」という考え方。“黒子”であることを意識しすぎるがあまり、まったく意見を言わないと、他の人に「責任を持っていないのでは」「何を考えているかわからない」と感じさせてしまい、かえって場がフラットではなくなってしまう。
  • では、ミナベ・安斎は「自分の意見はあるんだけど、口に出すとあまりにパワーが強すぎて、場に悪影響出そうだな」という時に、どう場をフラットにしているのだろうか?
  • ミナベ・安斎が、普段から気をつけているのは以下のポイント。

①相手が「何も言えない」と感じないような言葉選び。
②相手の思考時間を奪わないような間の取り方。
③最低限の意見表明はすること。
④威圧的にならないよう、相手と距離感は下から、詰めすぎない程度に。
⑤意見表明の前提に「自分がどういう観点で、どのように思考/言語化をしたか」というプロセスの共有。
⑥みんなが抱いていそうなモヤモヤを代弁してみる。

  • アイデンティティに「黒子であること」を据えることと、インターフェースを「黒子にすること」は別物だ。ファシリテーターは、フラットさを損なわないようにしながら、場に健全に関わる必要がある。

CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの25回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「マネジメントは「諦め」が肝心!?」をテーマにディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください …

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼一口に「ファシリテーション」と言っても、その在り方はさまざま。こちらの記事では、ファシリテーションを「領域」「場面」「目標」という3つの変数から分析したCULTIBASE Labの「ファシリテーションゼミ」の様子をお届けしています。

「ファシリテーション」を構成する変数とはなにか?場の文脈と技法の最適な組み合わせを考える
「ファシリテーション」を構成する変数とはなにか?場の文脈と技法の最適な組み合わせを考える

▼ファシリテーションの難易度は、場の多様性が高まれば高まるほど上がります。こちらの記事では、「ケイパビリティ」という概念をベースにして集団と活動を特性で分類し、ケース別のファシリテーションの難易度とポイントについて解説しています。

ケイパビリティ・ファシリテーション:チームの多様性を活かすためのケース難易度別のポイント
ケイパビリティ・ファシリテーション:チームの多様性を活かすためのケース難易度別のポイント

▼U理論にもあるように、対話は一度「討論(議論)」を経ることで創造性を発揮するようになっていきます。それでは「創造的対話」とは一体どういうものなのでしょうか?こちらの記事では、ベースとなっている「社会構成主義」という考え方を紹介しながら、対話のもつ創造性について解説しています。

組織変革の中核を担う「創造的対話」を理解する—意味の共創を通じたアプローチの源流
組織変革の中核を担う「創造的対話」を理解する—意味の共創を通じたアプローチの源流
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ