イノベーションは「枯れた技術」から生まれる|CULTIBASE Radio|Management #17

イノベーションは「枯れた技術」から生まれる|CULTIBASE Radio|Management #17

CULTIBASE編集部

2021.01.13/ 17min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの17回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「イノベーションは「枯れた技術」から生まれる」をテーマにディスカッションしました。

イノベーションは「枯れた技術」から生まれる|CULTIBASE Radio|Management #17 by CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの17回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「イノベーションは「枯れた技術」から生まれる」をテーマにディスカッションしました。

  • 今回は、任天堂のクリエイティブ魂・イノベーションの源泉を探りたい。
  • 任天堂の考え方の1つに「枯れた技術の水平思考」というものがある。枯れた技術というのは、古い技術というわけではなく、「既にメリットもデメリットも明らかになっているような技術」という意味。
  • 例えば、ゲームウォッチがシャープの電卓の液晶技術を横展開させてゲーム化したものであるように、これは既存の技術を組み合わせながらイノベーションを起こそう、という考え方である。
  • ここで考えたいのが、「枯れた技術の水平思考」はゲーム以外にも、イノベーションが生まれる状況一般に当てはまるものなのではないか、ということである。
  • 新しい意味を生み出すためには、解釈の転換が必要になる。そのHOWとして、「枯れた技術の水平思考」が相性が良いのだろう。
  • ミミクリデザインが大切にし、「ミミクリ」という言葉自体が意味する「既にあるものを、別の見方で捉えてみる」という行動は、根源的に遊びである。
  • ファシリテーターは、遊びのプロフェッショナルである必要がある。「この指とまれ」的な感覚でファシリテーションをしているときが、ファシリテーターが一番うまくいくという感覚があるが、それと同様に、任天堂の人たちは、きっと遊ぶように提案を作っているのではないだろうか?

イノベーションは「枯れた技術」から生まれる|CULTIBASE Radio|Management #17 by CULTIBASE Radio

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの17回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「イノベーションは「枯れた技術」から生まれる」をテーマにディスカッションしました。

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼「枯れた技術の水平思考」に近しい概念として、「アナロジー思考」というものがあります。そんなアナロジー思考を支える「似ているものを見つける」という認知過程について、紹介した記事がこちら。
ミッキーマウスとマリオは似ているか?:連載「アナロジー思考の秘訣」第2回

▼今回、最後の方に登場した「遊び」という概念。さらに詳しく考えたい方には、「“遊び”とはどのようなものか」という問いを出発点に海外の研究結果を紹介したこちらの記事がおすすめ。
“遊び”とはなにか:創造性の6つの源泉

▼意味のイノベーションについて、事例からより詳しく知りたい方にはこちらの記事がおすすめ。
ブランドに潜在する「物語」を発見し、新たな意味として伝える:DONGURIデザイナーと「意味のイノベーション」の観点で読み解くブランドデザイン事例

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ