2020年、投資対効果の高かった施策・工夫(組織デザイン編)|CULTIBASE Radio|Management #7

2020年、投資対効果の高かった施策・工夫(組織デザイン編)|CULTIBASE Radio|Management #7

CULTIBASE編集部

2020.12.21/ 14min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの7回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「2020年、投資対効果の高かった施策・工夫(組織デザイン編)」をディスカッションしました。 

CULTIBASE Radio

誤解されがちな議論と対話の違い|CULTIBASE Radio|Management #6 CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの6回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「誤解されがちな議論と対話の違い」についてディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください https://cultibase.jp/radio/3124 2020 © Anchor FM Inc. All rights reserved.

  • もうすぐ年末。まだ少し総括には早いかなと思いつつも、2020年を振り返ってみる。
  • 今年初めに業務提携をし、共同オフィスをオープンしたミミ&グリ。組織の形がまだまだ定まりきっていなかったタイミングでリモートワークが始まってしまい、自社の組織デザインに関して、ミクロなPDCAをたくさん回してきた1年だった。
  • ミナベが思う、投資対効果No.1施策はこの「CULTIBASE Radio」。CULTIBASE Radioはメンバーが結構聞いてくれており、結果的に、久しぶりに話すようなメンバーとも距離感近く接することができるなど、聞き手に親近感を与えられる媒体となっていた。
  • 「リモート環境で組織の一体感をどう生むか」は、世界的に多くの企業のテーマであった今年。特に「雑談が消えた」という問題はよく聞かれたものだが、それに対して「対話を増やす」ではなく、ミナベにとっては「(一方的な語りである)ポッドキャストを配信する」という手法が効果的だったと感じられているのは興味深い。
  • 安斎にとって印象深いのは、 CULTIBASE Labで配信するCULTIBASE記事の音声解説収録だった。最初は少人数で行っていた収録だったが、負担軽減のためにミミ&グリのいろんなメンバーに担当してもらえるような仕組みを導入したところ、期せずして、メンバーがお互いに考えていること・ナレッジをコスパよく共有できるようになった。
  • これらの施策に共通しているのが、自分主語で「私はこう思っています」というコミュニケーションパスが増えたという点だ。
  • リモート化によって同期型コミュニケーションの質が下がってしまったが、それを改善しようとするのではなく、むしろ非同期型コミュニケーションの質を上げることで、メンバーそれぞれのライフスタイルに合った形で共在感覚が生まれたり、情報共有がなされたりしていたのだろう。

CULTIBASE Radio

誤解されがちな議論と対話の違い|CULTIBASE Radio|Management #6 CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの6回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「誤解されがちな議論と対話の違い」についてディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください https://cultibase.jp/radio/3124 2020 © Anchor FM Inc. All rights reserved.

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼来期に向けて大局的な視野を獲得したい方には、「組織行動論」の入り口として最新のキーワードや文献を知ることができるこちらの記事がオススメ。
2000年以降、組織の現場に生じた変化とは?「組織行動論」から見る4つの最新研究トレンド

▼今、多くの方の注目を集めるこちらの記事では、「労働」と「オフィス」の2つの観点を往復しながら、アフターコロナの働き方を探ります。
労働はオフィスから解放され、回復していく──WORKSIGHT山下正太郎さんが考えるアフターコロナの働き方

▼今後ますます必要性が高まってくる、リモートワーク環境での組織デザイン。こちらの記事では、本ポッドキャストでも登場しているミナベが網羅的にそのTipsを紹介しています。
リモートワーク組織をデザインするための49のTips

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ