若手の中だるみを防ぐ育成のコツ|CULTIBASE Radio|Management #4

若手の中だるみを防ぐ育成のコツ|CULTIBASE Radio|Management #4

CULTIBASE編集部

2020.12.14/ 15min read

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの4回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「若手の中だるみを防ぐ育成のコツ」についてディスカッションしました。 

CULTIBASE Radio

教育カリキュラムのデザイン方法|CULTIBASE Radio|Management #3 CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの3回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「教育カリキュラムのデザイン方法」についてディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください https://cultibase.jp/radio/3028 2020 © Anchor FM Inc. All rights reserved.

  • 「どうすれば、20代若手の育成・活躍環境を作れるのだろうか?」は、どの組織もが大切にしている大きなテーマの1つ。
  • 新卒と、3年目程度以降の若手には、それぞれ新卒研修やマネージャーの機会が与えられ、育成環境は分厚いと言える。しかし、これらの“スキマ”が抜けがちではないだろうか?
  • ゲームにおける“中だるみ”と同じように、20代の「慣れてきたが、スペシャリストではない」というフェーズで、「どうやって次の学習の手応えを見つけていくか」ということを考えたい。
  • この“中だるみフェーズ”の対処法には、量の強化と質の強化の2種類がある。
  • ある程度まで成長した企業では、社員の中に「上司がなんとかしてくれるよね」と良くない安心が生まれてしまうことが多く、また、新しい仕事も生まれづらい。これは、ポジションブロッカーの問題である。
  • だからこそ、新たなポジションを作ることが、社員1人1人の中だるみを防ぐだけではなく、組織としても新領域の開拓に繋げられる。これが「量の強化」のアプローチである。
  • 一方、組織とはその構造上どうしてもマネージャーが放置されがちになってしまうものである。そこで、むしろ上のポジションの人が自ら学習を進め、それと同時に上司―部下間の対話機会を増やすことで、結果的に濃厚なフィードバックの機会を創出することができる。これが「質の強化」のアプローチである。
  • また、個人の学びの観点から考えると、新卒研修では「用意されたカリキュラムを、予定調和的に学ぶ」という学びの形でも満足できるかもしれないが、新卒以降は「自分らしく試行錯誤して学んでいることが未来の組織を形作ることにつながっているんだ」という実感を持てることが大切になってくるのではないだろうか。

CULTIBASE Radio

教育カリキュラムのデザイン方法|CULTIBASE Radio|Management #3 CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radio マネジメントの3回目では、CULTIBASE編集長の安斎勇樹と株式会社DONGURI CEOのミナベトモミが、「教育カリキュラムのデザイン方法」についてディスカッションしました。 ▼動画の要約解説(ダイジェスト)と関連情報は以下の記事からご覧ください https://cultibase.jp/radio/3028 2020 © Anchor FM Inc. All rights reserved.

このPodcastはAnchorSpotifyでもお聴きいただけるほか、YouTubeでは安斎・ミナベの対談を動画で視聴することも可能です。

– YouTube

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.


関連記事

▼新卒研修の「学習目標が明確な学び」から、マネージャーとして育っていくために必要な「自分の強みを生かした学び」へ。この2つの学びの違いをもっとよく知りたい方はにはこちら。
従来型の人材育成を超えるには:研修設計の2つのアプローチ

▼「従業員の熱量」と「組織の制度化」。本エピソードでも登場するこの対立的な2つの視点は、どのように結びつけて考えられるのでしょうか?「組織学習」を接点として、ミクロとマクロを往復したい方はこちら。
組織学習のこれまでとこれからー変化を学習の好機と捉え、組織でアンラーニングする大切さ

▼“中だるみ”の対処法の1つ、「質の強化」の一例。「アート」を組織に属する1人1人の深い学びを喚起するもの、として捉えると、「能力開発」「関係性の改善」などの効用が得られます。
アートは組織開発でいかに活用可能か

ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ