全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

Video

2021.06.09

  • ファシリテーション

ホールシステム・アプローチの過去・現在・未来(後編)

2018年11月13日に開催された公開研究会「ホールシステム・アプローチの過去・現在・未来」の記録映像の香取一昭さんパートです
香取さんよりホールシステム・アプローチの代表的手法である「AI(アプシリシエイト・インクワイアリー)」や「フューチャーサーチ」について解説していただいのち、ホールシステム・アプローチに通底する進め方のポイントについてお話しいただきました。今回はその前編です。

この動画の前編はこちら
ホールシステム・アプローチの過去・現在・未来(前編)

00:23 AI(アプリシエイティブ・インクワイアリ)の特徴
01:15 AIと問題解決アプローチの共通点と相違
03:18 AIの進め方:4Dサイクル(Discovery, Dream, Design, Destiny)
04:32 フューチャーサーチの特徴
05:38 フューチャーサーチの4つの原理
09:10 フューチャーサーチのプロセス

■イベント概要
このイベントでは、ゲストとして日本における対話型組織開発の第一人者である香取一昭さん(マインドエコー)と大川恒さん(株式会社HRT)をお迎えし、「ホールシステム・アプローチの過去・現在・未来」というテーマでお話しいただきました。

ゲスト

香取一昭
マインドエコー代表

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Share

出演者

  • CULTIBASE編集部

カテゴリー

  • ファシリテーション

関連するおすすめ

気になるコンテンツからチェックしてみてください。

Article読む