全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン

Video

2021.04.29

  • デザイン

研究的実践者としてのキャリアの歩み方

今回はTokyoGraphicRecorderでグラフィックレコーダーとして活躍されている清水淳子さんをゲストとしてお迎えし、そのスタンスや考え方について深くお話を伺っています。

グラフィックファシリテーターの鈴木さよさんにまとめていただいたグラフィックファシリテーションは下記URLにて公開していますので、そちらを眺めながらゆるく聴いていただけると幸いです。

▼グラフィックファシリテーション
drive.google.com/file/d/1SbDwTriAe8tywj0JH4kz61Tksu61Adej/view?usp=sharing

後編では、以下の事柄について話しています。

00:40 yahoo!JAPANという会社について
04:04 yahoo!という環境の中でグラフィックがなぜ/どう活きたのか
05:43 清水さんのこれからのキャリア
07:13 実践者でありながら研究者のように探求を続ける理由
09:56 感性と論理の時間的なバランスの取り方
10:51 デザインは理論と実践が混在した特殊な領域
12:40 グラフィックファシリテーション(途中経過)
13:30 キャリアや自分の価値を「個」として築いていく
17:43 価値がアウトプットの質で判断されない違和感
20:31 清水さんはどこを目指している?

ゲスト

清水 淳子
多摩美術大学 専任講師

全ての動画をご覧いただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Share

出演者

  • 安斎 勇樹

カテゴリー

  • デザイン

関連するおすすめ

気になるコンテンツからチェックしてみてください。

Article読む