ブランドに潜在する「物語」を発見し、新たな意味として伝える:DONGURIデザイナーと「意味のイノベーション」の観点で読み解くブランドデザイン事例

CULTIBASE編集部

2020.08.15/ 9min read

株式会社ミミクリデザインでは、これまで“意味のイノベーション”に関する研究と実践を重ね、発信に注力してきました。意味のイノベーションとは、イタリア・ミラノ工科大のロベルト・ベルガンティ教授によって提唱されたイノベーションを生み出すための新たな方法論です。「批判性を伴ったアプローチ」や「ユーザーへの共感ではなく創り手個人の熟考から始めるプロセス」などを特徴としており、近年、注目が集まりつつある概念です。

研究と実践の両側面から理解するためにミミクリデザインが立ち上げた「意味のイノベーション研究会」も、その取り組みのひとつです。

第2回目では「創り手の姿勢を起点としたブランドデザインのプロセス」をテーマに、株式会社ミミクリデザイン 東南裕美のファシリテートのもと、企業・プロダクトのCIやVIなどのデザインを手掛ける株式会社DONGURIのブランド・デザイナー吉野拓人が登壇しました。

「意味のイノベーションを意図したわけではないが、その文脈で読み解き甲斐のある事例」として今回取り上げられたのは「葉山シャツ本店」のブランドサイトリニューアルの事例。意味のイノベーションの研究・実践を行う株式会社ミミクリデザインの小田裕和がスピーカーとなり、事例を読み解くことで意味のイノベーションへの理解を深めていく、実践的な知見に富む研究会となりました。

目次
製品機能の「コモディティ化」をどう乗り越えるか
ブランドの中に無意識的に潜在する“意味”を探る


製品機能の「コモディティ化」をどう乗り越えるか

吉野からは今回のテーマについて、「デザイナーの吉野」を作り手とし、「吉野自身の内発的動機、衝動」を起点に「ビジネス戦略と感情訴求を両立させた上で、様々なタッチポイントでブランドの理念を浸透させていく」ことがブランドデザインであるとして説明されました。

今回対象としたのは、神奈川県にある「葉山シャツ本店」ブランドサイト制作の事例です。葉山御用邸の前に本店を構えるドレスシャツ専門店で、フルオーダーメイドシャツや26サイズを展開する「葉山スケール」の既製シャツなど、日本人の体型に合う高品質シャツを提供しています。

「オーダーメイドのスーツを着た瞬間に人生が変わったと感じた」という創業者の思いは、独自の「葉山スケール」に代表される製品のクオリティのみならず、スタッフ一人ひとりにまで行き渡っていることから、「社内においては、既にブランド訴求・醸成ができている状況だった」と吉野は説明します。

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ