リフレクションは〈誰〉がするのか? わたしたちの中に存在する「2つの自己」にまつわる問い:上平崇仁による連載『「計画」を超えて』第2回

リフレクションは〈誰〉がするのか? わたしたちの中に存在する「2つの自己」にまつわる問い:上平崇仁による連載『「計画」を超えて』第2回

上平 崇仁

2021.08.05/ 11min read

「事前に計画すること」は、わたしたちのいま・この瞬間に焦点をあわせる感覚を弱体化しているのではないか? そんな問いを起点として「計画」に対抗して生きるための知を探索していく、上平崇仁さんによる本連載。その第2回では、行動経済学者ダニエル・カーネマンの「経験の自己(Experiencing Self)」と「記憶の自己(Remembering Self)」という2つの自己像を立脚点として、「リフレクション」の際に立ち現れる自己について考えます。


現在、ビジネスの場でも教育の場でも支配的な考え方となっている、ものごとを「事前に計画すること」。しかしながら、すべてが前のめりに準備され、プロセス化が進んでいくと、いま・この瞬間にしかないライブな感覚は軽んじられ、周囲にあった余白も消えていきます。そんな風潮が強まる中で、わたしたち生活者は、いかにそれらに「対抗」して生きることができるか。そのポイントをさまざまな領域の知を借りて探ってみよう、とするのが本連載の主旨です。

連載の初回では、問題意識の見取り図を示しました。第2回では「リフレクション」をテーマに考えてみたいと思います。よく知られている概念ですが、違う視点から見てみると、ここにも計画とは相れないものが浮かび上がってきます。

目次
リフレクションする主体は誰?
わたしたちの中に存在するふたつの自己
二つの自己を衝突させてみると……?
どちらの自己がリフレクションするのか
感じることの復権

リフレクションする主体は誰?

リフレクションは、日本語では〈省察(せいさつ)〉と訳されています。ごく手短に言えば自分たちの行為を振り返り、見直して、よりよく変えていこうと試みることです。省察する機会を意識的に確保することは近年まであまり行われていませんでしたが、いまでは組織風土づくりや学習共同体づくりなどにおいて、欠かせない取り組みになっていると言えるでしょう。

では、このリフレクション、いったい「誰」が主体となって行うことなのでしょうか。そんなの当たり前じゃないか、「リフレクションするその人」以外に答えはないだろう。そう思った方、ちょっと待ってください。実はそう単純でもないのです。

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る