探究とは、専門性の枠内に閉じ込められない横断的な活動である―太刀川英輔さんに聞く創造力の育み方

探究とは、専門性の枠内に閉じ込められない横断的な活動である―太刀川英輔さんに聞く創造力の育み方

CULTIBASE編集部

2021.06.08/ 13min read

個人の創造性の仕組みを、生物学における「進化」の知見から読み解く話題の新刊『進化思考』。豊かな発想を生み出す創造的人材の育成に力を入れたい企業に大きなヒントをもたらす一冊として、発売直後から大きな注目を集めています。

個人の創造性を育む「進化思考」とは何か?:「適応」と「変異」による創造のパターン

今回CULTIBASEでは、編集長・安斎勇樹による進行のもと、ゲストに『進化思考』の著者・太刀川英輔さんと、『問いのデザイン』著者の塩瀬隆之先生をお迎えし、『進化思考』の理論や思想を『問いのデザイン』のノウハウを駆使して聞き出すライブイベントを開催。「『進化思考』を読み解く『問いのデザイン』」と題されたこのイベントでは、書籍の根底に理論や思想から、出版までの裏話、子どもの創造性を育むための今後の教育のあり方など、幅広いトピックについて熱く語り合う時間となりました。

<登壇者紹介>
太刀川 英輔さん(画面下)
NOSIGNER代表、進化思考家、デザインストラテジスト、慶應義塾大学特別招聘准教授。書籍『進化思考』『デザインと革新』著者。

塩瀬 隆之さん(画面右上)
京都大学総合博物館 准教授。『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』著者。太刀川さんとともに2025年大阪・関西万博日本館基本構想有識者として参画。

安斎勇樹(画面左上)
CULTIBASE編集長。株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO。東京大学大学院 情報学環 特任助教。書籍『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』『ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ』『リサーチ・ドリブン・イノベーション:「問い」を起点にアイデアを探究する』著者

当日を迎えるにあたって、安斎と塩瀬先生は、できる限り多くの情報を太刀川さんから引き出せるように、あえて「問い」ではなく「質問」だけを投げかける”問わずの誓い”を立てていました。

「何を訊こうか考えれば考えるほど、質問ではなく問いになってしまう」と言いながら、安斎と塩瀬先生が事前に用意した「質問」はこちらの6つ。

さらに安斎から「嫌いな奴が書いた本だと思って、めちゃくちゃに批判するとしたら?」という問いかけが加えられ、これらの質問をもとにパネルディスカッションを行いました。

目次
設立したばかりの出版社、『海士の風』をパートナーに選んだ理由
子どもに「進化思考」の一部をスキル継承するとしたら?
『進化思考』をあえて批判するとしたら?
創造の思考過程を支える“目利き”を磨く方法

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る