組織開発における“ケ”のデザイン:連載「組織開発の理論と効果」第5回

組織開発における“ケ”のデザイン:連載「組織開発の理論と効果」第5回

東南 裕美

2021.05.21/ 6min read

本連載「組織開発の理論と効果」は、現場で組織開発が効果的に取り入れられるために、組織開発の理論やその効果についてご紹介します。前回の記事では、組織開発の代表的な2つのアプローチとして取り上げられる「対話型組織開発(Dialogic OD)」と「診断型組織開発(Diagnostic OD)」の概要と、実践上のポイントを紹介しました。

診断型組織開発と対話型組織開発:連載「組織開発の理論と効果」第4回

上記の記事からも窺えるように、組織開発というと、ワークショップなど「非日常の場づくり」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、筆者は、組織開発には “ハレ”と“ケ”、すなわち非日常と日常のアプローチがあると考えています。そして、見落とされやすいのが“ケ”のアプローチです。“ケ”のアプローチとは、日常的な業務ルーティンの中で、人と人との関係性やコミュニケーションなど、ソフト面に対して働きかけることを指します。

本記事は、組織開発における“ケ”のデザインをどのように行なっていくのかをご紹介します。

目次
なぜ組織開発の“ケ”のデザインが必要か?
“ケ”のデザイン手法①「チェックイン」を設ける
“ケ”のデザイン手法②進行途中で「プロセス・チェック」を挟む
“ケ”のデザイン手法③日常的な会社の発信物に埋め込む

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る