「野生の課題解決者たれ!」 中原淳先生と考える、領域や手法にしばられない組織づくりの実践とは?

「野生の課題解決者たれ!」 中原淳先生と考える、領域や手法にしばられない組織づくりの実践とは?

inquire

2021.05.05/ 17min read

ビジネスをめぐる知識の専門化、細分化が進む昨今。企業のなかで、部門や領域の越境や連携が求められています。

組織づくりにまつわる知も同様です。人材開発や組織開発、採用、育成、人事制度設計——。人や組織をめぐる課題が複雑さを増すなか、領域ごとに分断された知をどのようにひとつに編み直すか。これはCULTIBASEが探求していきたい問いでもあります。

この問いと向き合うにあたり、お話を伺ったのが立教大学経営学部教授の中原淳先生です。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業における組織開発・人材開発を研究する中原先生は、かねてより「人材開発・組織開発という領域は消えてもいい。最後は、人事という実践だけが残る」と語り、部門や領域を超える大切さを指摘されていました。

中原先生は今、人や組織をめぐる課題解決をどのように捉え、取り組まれているのでしょうか。CULTIBASE副編集長の東南裕美と共に、これからの組織における人事の実践と、学習の重要性について語り合いました。

目次
細分化した専門知が向き合うべきハードル
組織の現場に必要な「野生の課題解決」
組織の理想状態や課題を自分たちで決める重要性
多様な持ち味を生かし、チームの即興的な課題解決を
一人ではできない「学び」をどう組織で行うか

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る