創造性研究から学ぶ、創造的なチームに欠かせない5つの基礎

創造性研究から学ぶ、創造的なチームに欠かせない5つの基礎

東南 裕美

2021.05.03/ 15min read

創造的なチームを作る上でのナレッジやコツが、様々な実践や研究から明らかになっています。

例えば、以下の記事でも「どのような多様性が創造的な成果を生むために有効なのか?」「”多様性のあるチームをつくること”より、創造的な成果を生む上で重要なこととは何か?」といったことについて紹介してきました。

「多様性のあるチームが創造的な成果を生む」は本当か:創造性研究にみるチームづくりのヒント

この記事にもあるように、創造的な成果を生むには「チームメンバーのパーソナリティ」も影響する可能性があるほか、「潤沢な予算があるか」「実験できるような空間・物理的環境が整っているか」という要素も関係しうるでしょう。

しかし、どんな条件下であったとしても、チームづくりのプロセスを工夫することで創造的な成果を生み出しやすくなることも確かです。チームの創造性に関する海外の文献を多数レビューした論文「Team Creativity and Innovation: The Effect of Group Composition, Social Processes, and Cognition」によれば、創造的なチームづくりをする上で、「コラボレーション」「コミュニケーション」「心理的安全性」「サポート」「効力感」が必要であることが明らかになっています。

「コラボレーションやコミュニケーションが求められるなんて当たり前では?」

「サポートがある環境が創造的成果を生み出しやすくなるなんて言われなくても分かるでしょ」

などと思われるかもしれませんが、それぞれの要素がどういう場面で有効なのか?なぜ有効なのか?と聞かれると案外疑問に思われるところもあるのではないでしょうか。

そこで本記事では、「Team Creativity and Innovation: The Effect of Group Composition, Social Processes, and Cognition」や本論文で紹介されている他の研究を参考にしながら、創造的なチームに欠かせない5つの基礎として、「コラボレーション」「コミュニケーション」「心理的安全性」「サポート」「効力感」が有効な場面や有効な理由について整理してご紹介します。

目次
プロジェクトの初期に重要なコラボレーション
「チーム内のコミュニケーションは多いほど良い」は誤り
「チーム内のコミュニケーション」より影響力の高い「チーム外のコミュニケーション」
メンバーの自発的な行動を生む「心理的安全性」
行動と姿勢の両方が求められる「サポート」
チームメンバーのポテンシャルを生かす「効力感」

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る