身体知で参加者や場の状態を調整する、伝え方・関わり方のコツ:連載「ワークショップ・ファシリテーションのヒント」第9回

身体知で参加者や場の状態を調整する、伝え方・関わり方のコツ:連載「ワークショップ・ファシリテーションのヒント」第9回

水波洸

2021.04.29/ 15min read

本連載「ワークショップ・ファシリテーションのヒント」では、「明日の実践ですぐ使える」ことをコンセプトに、実践に役立つちょっとしたファシリテーションのヒントを紹介します
※この連載はCULTIBASE Lab会員限定です。後半のヒントの部分はLabにご入会いただいている方のみご覧いただけます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: facilitation_hint_8-2-1024x575.jpeg
https://cultibase.jp/6108/

前回の記事では、熟達したワークショップのファシリテーターの多くが「得意技」ともいうべきメソッドを持っていることに触れながら、「型」の存在を意識しつつ、その「型」に囚われすぎないようにすることが重要だと解説しました。また、こうした話は何も方法論に限った話ではありません。例えば、参加者に何かを伝える際の声の出し方や抑揚の付け方、表情、仕草など、参加者との関わり方にも、熟達したファシリテーターの多くがそれぞれ得意な「型」を持っています。

ワークショップ・ファシリテーターの重要な役割の一つに、「参加者の学びと創発を促進すること」があります。しかし、その役割を全うするために得意とするアプローチは、熟達者であっても一人ひとり異なります。参加者に積極的に関わり、時には鼓舞するようにして意欲を引き出すやり方を得意とするエキスパート実践者がいる一方で、できる限り傾聴に徹しながら、参加者が主体的に関わろうとするまで待つことを信条とする方もいます。こうしたファシリテーション・タイプの違いは、その人の特性や嗜好、そしてワークショップ観などによるものであり、決して優劣をつけられるものではないというのも、抑えておくべき重要なポイントです。

私たちの身体や性格は一人ひとり異なっています。そのため、ファシリテーションという身体的技芸においても、それぞれが得意とする動きが異なっていることもある意味当然と言えるでしょう。しかしながら、同じ身体性を伴う活動であるバッティングや泳ぎ方でも、教本を開けば「基本形」が載っているように、ファシリテーションにおいても、多くの実践者が大切にしている身体的なポイントがいくつか存在すると考えられます。

そうした背景から今回は、「身体性」をテーマに、伝え方や関わり方について考える切り口になりそうなファシリテーションのヒントを集めてみました。ただし、今回ご紹介するヒントの中にも、人によっては納得できない、あるいは「あえてそれをしないようにしてる」という実践者もいるかもしれません。ヒントはあくまで思考の切り口として、実践者としてこれらの振る舞いの個人的な是非に思いを巡らせながら、ご覧いただけたらと思います。

自分がどんなファシリテーションを得意としているのかは、誰も教えてくれません。様々な経験を積みながら、自分で発見するしかなく、逆に言えば、そのように経験によって自分に合ったファシリテーションのあり方を見つけた人だからこそ、熟達者と呼ばれるのだと思います。まずは基本に従いながらやってみること。慣れてきたら、その型を少しずつ崩しながら、自分に合ったやり方を模索すること。結局のところ、基本と応用の往復運動の中で葛藤しながらやっていくことが熟達する上では一番の近道なのだと思います。ぜひヒントを読むことで、自身が普段のファシリテーションにおいてどんな身体の使い方を行なっているか、意識し、考えを深めてみてください。

■今回紹介する4つのヒント
「自分のファシリテーション・タイプを意識する」
「声の高さと口調の速さを使い分ける」
「参加者が主体的な行動をイメージしやすい言い方を心がける」
「エンターテイナーとしての役割を意識する」

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る