レジリエントな職場をつくるための3つの視点:連載「レジリエンス入門」第3回

レジリエントな職場をつくるための3つの視点:連載「レジリエンス入門」第3回

池田めぐみ

2021.04.28/ 5min read

前回の記事では、自身のレジリエンスを高めるために大切な視点についてご紹介しました。本記事では、レジリエントな職場をどのように作っていくのか、3つの視点から紹介します。

職場でのレジリエンスの高め方:連載「レジリエンス入門」第2回

目次
個人がレジリエントでいられる職場とは?
部下と接する上で気を付けたい3つの視点

個人がレジリエントでいられる職場とは?

本連載の第1回目で述べたように、VUCA時代においては、個々が高いレジリエンスを持っていることが、高いパフォーマンスを発揮する上で重要であり、部下のレジリエンスは、マネージャーの振る舞いによっても左右されます。

近年の研究では、部下のレジリエンスが、マネージャーのリーダーシップスタイルから影響を受けることが確認されています。例えば、Cooke et al.(2019)は、友好的で支援的な職場環境を提供するような上司のリーダーシップ行動が、部下のレジリエンスにポジティブな影響を与えることを確認しています。

また、コロナなどの危機的な状況下においては、リーダーが危機への対処法についてメンバーにアイデアを求め、彼らが経験するストレスや緊張に共感し、必要な時には助けを求めるように促すことが、部下がレジリエントでいるために重要であることが示されています(Sommer et al. 2015)。

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る