ものの見方や態度の変容を促す役割としての「デザイナー」へ──「Designs for the Pluriverseを巡って:デザイン、人類学、未来を巡る座談会」後編

ものの見方や態度の変容を促す役割としての「デザイナー」へ──「Designs for the Pluriverseを巡って:デザイン、人類学、未来を巡る座談会」後編

inquire

2021.03.17/ 9min read

人類学者アルトゥーロ・エスコバルの著書『Designs for the Pluriverse』は、デザイン・人類学・開発学を俯瞰する大きな視点から、持続可能な世界への戦略としてデザインの持つ可能性を論じ、世界的な注目を集めています。

前編ではエスコバルが本書で主張する持続可能な世界へ向けたデザインの変化と、近年のデザイン実践を踏まえ、これからのデザインとは何かを探ってきました。後編となる今回は、Transition Designやデザインの民主化がエスコバルの言う新しいデザインとしたとき、それが私たちにどんな変化をもたらし、どのような世界へと導くのかを議論していきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pasted-image-0-2.png

本イベントでは森田敦郎さん(大阪大学Ethnography Lab代表)、岩渕正樹さん(デザイナー、パーソンズ美術大学非常勤講師)、中野佳裕さん(早稲田大学地域・地域間研究機構 次席研究員)、上平崇仁さん(専修大学教授)をお招きし、持続可能な世界へ移行のためにデザインと人類学が果たす役割について議論しました。

目次
ものの見方を変容させるデザイン
脱人間中心設計へのクリティカルな問い
Pluriverseとは部分的につながりながら、違う方向へ発展すること

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る