拡張するデザイン、もしくはデザインではない何かへ──「Designs for the Pluriverseを巡って:デザイン、人類学、未来を巡る座談会」前編

拡張するデザイン、もしくはデザインではない何かへ──「Designs for the Pluriverseを巡って:デザイン、人類学、未来を巡る座談会」前編

inquire

2021.03.15/ 13min read

モダンデザインを確立したバウハウスの設立から約100年。その中でデザインの対象は、従来のグラフィックやプロダクトから、サービスや組織といったより社会性を持つものへと広がり、いまや政策や社会システムにまで拡張されようとしています。

シンプルな問題から、より複雑な問題へ。この変化は人への深い理解を要求し、デザインは人類学などの他分野と影響し合うことで適応してきました。デザインがエスノグラフィーを用いたプロダクトの開発や改善を行うようになった一方、人類学はその活動にデザインすることを取り込み、社会や文化へ積極的に介入する。これらの実践が交差する領域はデザイン人類学と呼ばれ、近年注目を集めています。

これからの人や社会、そしてデザインのあり方を問う。人類学の眼差しを通して見出す可能性とはどのようなものでしょうかーー。

持続可能な世界への戦略としてデザインの持つ可能性を論じ、世界的な注目を集めるのが人類学者アルトゥーロ・エスコバルの著書『Designs for the Pluriverse』です。

2020年12月3日、本書を取り上げたオンラインイベント『Designs for the Pluriverseを巡って:デザイン、人類学、未来を巡る座談会』が、エスノグラフィーを通して文理融合や学産連携を担う大阪大学Ethnography Labによって開催されました。

本イベントでは森田敦郎さん(大阪大学Ethnography Lab代表)、岩渕正樹さん(デザイナー、パーソンズ美術大学非常勤講師)、中野佳裕さん(早稲田大学地域・地域間研究機構 次席研究員)、上平崇仁さん(専修大学教授)をお招きし、持続可能な世界へ移行のためにデザインと人類学が果たす役割について議論します。

目次
人類学とデザインにおける新しい協働のかたち
エスコバルが主張する、デザインにおける3つの変化
「一元的」から「多元的」なデザインへ
拡張するデザイン、もしくはデザインではない何かへ

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る