問題の本質を捉える「素朴思考」と「天邪鬼思考」

問題の本質を捉える「素朴思考」と「天邪鬼思考」

安斎 勇樹

2021.03.01/ 3min read

組織ファシリテーターとして良い「問い」をデザインする第一歩は、問題の本質を探り、本当に取り組むべき課題を定義することです。

問題の本質を捉えるために有効な思考法はいくつかありますが、書籍『問いのデザイン』で解説した方法論のなかでも汎用性の高い「素朴思考」「天邪鬼思考」の2つについて解説します。

目次
「素朴思考」とは何か
「天邪鬼思考」とは何か

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る