リサーチ・ドリブン・イノベーションにおけるデータの役割:連載「リサーチ・ドリブン・イノベーション」第8回

リサーチ・ドリブン・イノベーションにおけるデータの役割:連載「リサーチ・ドリブン・イノベーション」第8回

小田 裕和

2021.01.26/ 6min read

前回の記事では、イノベーションにおける「データの3つの誤解」を示し、リサーチ・ドリブン・イノベーションにおいて、「良いデータとは何か?」をご紹介しました。

イノベーションにおけるデータの誤解:連載「リサーチ・ドリブン・イノベーション」第7回

リサーチにおけるデータは、思考プロセスを前進させるための触媒であるとお伝えしましたが、本記事では具体的にデータは触媒としてどのような役割を果たすのか紹介していきたいと思います。

目次
「わかるためのデータ」と、「つくるためのデータ」
つくるためのデータを用いて「未知の未知」にアプローチする
新たな方向性を探索するためのデータの要件
新たな方向性の定義を固めていくためのデータの要件

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ