アイデア創発の“プロセス”に働きかける、グラフィックレコーディングの可能性を探究する

アイデア創発の“プロセス”に働きかける、グラフィックレコーディングの可能性を探究する

inquire

2021.01.08/ 10min read

個人や組織がアイデアを生み出すためには、インスピレーション(ひらめき、触発)の起こる場や機会を作ることが重要です。その際に有用な手段のひとつが「グラフィックレコーディング」です。

関連記事:人や社会がクリエイティビティを発揮するには?アート鑑賞と表現、インスピレーションの関係に学ぶ

CULTIBASE Lab会員向けオンラインプログラムの12月の「アートゼミ」では、本ゼミの主催者であり、さまざまなグラフィックレコーディングを手がけてきたミミクリデザインの田中真里奈が、その役割やアイデア創発・組織開発における実践例を共有。「場にひらめきをもたらす」グラフィックレコーディングの可能性を語りました。

目次
その場で“言われていないこと”も含めて共有する
表出した言葉の“奥”に触れ、アイデアを創発する
商品開発や組織開発の場に“ひらめき”をもたらすには?
メタファーと即興性が示す、グラフィックレコーディングの可能性

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る