「ファシリテーション」を構成する変数とはなにか?場の文脈と技法の最適な組み合わせを考える

「ファシリテーション」を構成する変数とはなにか?場の文脈と技法の最適な組み合わせを考える

inquire

2021.01.12/ 9min read

言葉にならない思いを引き出す「場」、参加者を巻き込んで議論を活性化する「技術」──一口に「ファシリテーション」と言っても、人によって思い浮かべる対象は異なるのではないでしょうか。

ファシリテーションが行われる場は、会議、ワークショップ、研修、日常のコミュニケーションなど多岐にわたります。利用目的も、合意形成、相互理解、情報共有、アイデア発想などさまざまです。

ファシリテーションはいろんな場面に浸透していますが、CULTIBASE編集長である安斎は著書『問いのデザイン』において、「広義のファシリテーションとは、問題の本質を捉え直し、解くべき課題を定義し、課題解決のプロセスに伴走する営みを指す」と語っています。

CULTIBASE Labの「ファシリテーションゼミ」は、こうしたファシリテーションの可能性を探究するためのゼミとしてスタート。第1回目では、主宰者の和泉と渡邉が、ファシリテーションが活きる場を「領域・場面・目標」に分けて探りました。

目次
創造的対話をファシリテーションする方法を探究する
“ファシリテーションの場”についての理解を深める変数
場の文脈に応じたファシリテーションの対象と技法を選択する

続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

パッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る