「プレイフル・シンキング」は”真剣勝負”?更新を続ける概念の現在地

CULTIBASE編集部

2020.11.13/ 10min read

「Can(できるかどうか)で考えるのではなく、How(どうやったらできるか)で考え、自分の周りの環境を最大限活かせば、ワクワクする学びの場を作り出すことができる」。

『プレイフル・シンキング』の著者の上田信行さんは、同書のなかでこう述べています。プレイフルな考えは、常に数字を追求しなければならない経営においても必要です。
どのようにしたら楽しさと成果目標を両立できるのでしょうか?

今回は同志社女子大学名誉教授であり吉野のネオミュージアム館長の上田信行さんを『CULTIBASE』編集長の安斎勇樹と、立教大学経営学部 准教授の舘野泰一が運営する「プレイフル経営ゼミ」(2020年11月より遊びのデザインゼミにリネーム)にお招きしました。万全を期して、オフラインで行われた3人の対談は、多いに盛り上がりました。

目次
「プレイフル」とは、本気で取り組むこと
机上の思考法ではなく、実践するためのエンジン
失敗も学びにかえる『プレイフル・シンキング』のマインドセット
突破口は「ブリコラージュ」的な発想にある

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ