事業成長を支える強い開発組織はどう作る?ー時価総額4兆円超のエムスリーが実践するデザイン経営

CULTIBASE編集部

2020.11.03/ 9min read

CULTIBASEは、2020年9月2日に公開イベント「医療メガベンチャー“エムスリー”に学ぶデザイン経営の実践」を開催しました。

エムスリー株式会社は、世界の医療の変革にチャレンジするメガベンチャー。医療従事者が医療に関するニュースやキャリアなどの情報を交換する「m3.com」や製薬企業の薬剤プロモーションやマーケティングを支援する「MR君」など、20以上の事業を展開し、時価総額が4兆円を超えています。

創業から20年で急速に成長した成功の裏には、「デザイン経営」を意識した、プロダクト開発力の強さがあるのです。

エムスリーでは、いったいどのようにして、デザイン経営の考えを取り込み、事業成長につなげているのか。同社でデザイン組織の改革を担う古結隆介さんをゲストにお招きし、株式会社DONGURIのミナベトモミとともに語り合いました。

目次
「デザイン経営」の実践はどう評価するか?
経営において重要な役割を持つ「強いプロダクトチーム」
課題ファーストで動ける土壌づくりが、デザイン経営を左右する
本質的な課題解決に目が向く構造をつくる


続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ