アートは組織開発でいかに活用可能か

アートは組織開発でいかに活用可能か

臼井隆志

2020.10.20/ 12min read

最近、日本でも「イノベーションのためのアート思考」「美意識を磨くための対話型アート鑑賞」といったキーワードを目にすることが多くなってきました。欧米では「Artistic-Intervention」(アーティスティック・インターベンション)という呼び方で、アートを通じて企業組織の中に学びを生み出す試みをめぐって30年ほど実践と研究が重ねられています。

本稿では、アートをつくる/見るという経験を、組織の学習の中でどのように活用することができるのか、いくつかの研究を参照しながら、方法と注意点について検証していきたいと思います。

目次
なぜ組織開発においてアートが有効だとされているのか?
アートによる学びの歴史的背景
アートによる組織開発事例1:アイデアの生成
アートによる組織開発事例2:個人の認識変容
アートによる組織開発事例3:集団の関係性変容
アートによる組織開発の可能性と注意点


続きをお読みいただくには、
CULTIBASE Lab会員登録が必要です。

Lab会員登録初月無料トライアルに申し込む ログイン
CULTIBASELabの紹介

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ
CULTIBASE編集部がテーマごとに
動画・記事・音声コンテンツを
厳選してまとめました。

コンテンツパッケージ

CULTIBASE編集部がテーマごとに動画・記事・音声コンテンツを厳選してまとめました。

もっと見る