6つの実践的研究から探る「デザイン」の意義と役割

CULTIBASE編集部

2020.10.02/ 9min read

「デザイン経営」や「デザイン思考」など、「デザイン」を様々な企業や組織、教育現場で幅広く活用し、実践する動きが広がっています。私たちにとって「デザイン」は本来的にどのような役割を担い、どのような変化をもたらしているのでしょうか。こうした問いに対する手がかりを得るため、CULTIBASEが運営する会員制オンラインプログラム「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)」では、7月11日、「WDAデザインカンファレンス2020」を開催。専門性の異なる6名の登壇者により、広く「デザイン」そのものをテーマとして取り上げ、実践に基づいた研究的知見を切り口に、「デザイン」の意義と役割を探究しました。

実践者と研究者の間に溝があることも指摘されるデザイン領域ですが、今回の登壇者の多くは、実践と研究を横断しながらそれぞれのデザイン活動に取り組んでいます。今回の記事では、前半に行なわれた発表セッションの内容をレポートします。


第1部では、6名の登壇者から実践研究の発表が行なわれました。テーマと登壇者は次の通りです(敬称略)。

<ROOM-A>
・「他者との創造的な協働を促進させる二人称的アプローチの可能性」(瀧 知惠美)
・「情報を描き出すインフォメーションドローイングの実践」(清水 淳子)

<ROOM-B>
・「観光まちづくりにおけるデザイン・ワークショップの提案―神奈川県三浦半島の取り組みを事例として」(東南 裕美)
・「遠まわりの合流-創造的連携を促す視覚的対話」(富田 誠)

<ROOM-C>
・「アナロジーを導入したアイディエーションワークショップの開発〜PLAYFOOL Workshop における参加者のアイデア発想プロセスを考察する」(淺田 史音)
・「スタートアップ経営におけるデザインプロセスの寄与」(濱脇 賢一)

発表者は3つのオンライン・ルームに分かれ、各部屋二人ずつ、同時進行でプレゼンテーションを実施。参加者はそのルームを自由に行き来しながら、目当ての発表を聞きにいくかたちで進行していきました。

続きを読むには
会員登録いただく必要があります。

無料会員登録して続きを読む ログインして続きを読む
ABOUT CULTIBASE

About

クリエイティビティ溢れる組織づくりやイノベーティブな事業の創出を目指し、組織イノベーションの知を耕すメディアです。

Most Popularランキング トップ5

Tag人気のタグ

タグ一覧へ